KOSSYMIX 講習会ありがとうございました!!

2019年10月1日

先日のKOSSYMIX講習会、小清水氏をはじめ、ご来店のみなさま誠にありがとうございました!!
KOSSYMIX ( コシミックス ) ワックス講習会
小清水氏は埼玉から車で10時間、その他にも遠方から熱心な方々にご参加いただき、みなさんとても有意義な時間を過ごせたのではないかと思います。
KOSSYMIX ( コシミックス ) ワックス講習会
KOSSYMIXは小清水氏のこだわりをKASHIWAX柏崎氏が形にしたワックス。
基本的に滑るカシワックスから更に、フリーライディングに特化し作業効率と持続性を追求したのがコシミックスです。
コシミックスは値段が高くてちょっとという方もいらっしゃるとは思いますが、お値段を出せば時間が買える。そう考えればそう高くはないと思います。
KOSSYMIX ( コシミックス ) ワックス講習会
当日はとても詳しいわかりやすい説明があったのですが、講習会に来れなかった方々の為に、簡単に説明させていただきます。

まずは、今回の講習会の中心となった、最近発売になったばかりの液体ワックス”N.D.PRIMER(写真右↓)”。相当なナノダイヤモンドを含有した液体のベースワックスです。ベースメイクとして、ソールにN.D.PRIMERを吹きかけて伸ばしてコンディショニングペーパーでソールの面を整えるだけ。ナノサイズの硬いダイヤモンドがソールの奥の奥まで入り、次に入れるワックスの通り道も作ってくれるという優れもの。これだけでベースを何回も入れる作業がなくなるなんてとてもありがたいです。
そして、あとはトップワックスに”origin(写真左↓)”をワクシングするだけ。作業時間は1時間もかかりません。しかもハイシーズンはこのセットだけでもかなり持ってくれて持続性抜群。
KOSSYMIX ( コシミックス ) ワックス講習会
その後は状況に応じて生塗りワックス”RUB ON”↓を現地で塗って更に補うというのがオススメです。
KOSSYMIX ( コシミックス ) ワックス講習会
“origin”一つだけではちょっと不安、トップワックスを更にハイグレードなものにしたいという方には、”N.D.Foundation”↓と、”soarer”↓。ナノダイヤ入りのベースと滑走ワックスです。
KOSSYMIX ( コシミックス ) ワックス講習会
そして、意外と減速の原因となりがちなエッジによる抵抗。それを軽減する”edge wax WARM & COLD”↓ 特にエッジが4本も付いているスプリットボーダーにもオススメです。普通の板でもこれを塗るとターン後半のドライブ感がかなり変わります。

KOSSYMIX ( コシミックス ) ワックス講習会
そして、春シーズンにソールから汚れだけを落としてくれる液体洗剤”N10″↓。汚れを分解して溶かしてくれる、今までにはなかったソールの汚れ落とし。ワックスをそれほど落とさずに汚れだけを落としたい時に有効です。
KOSSYMIX ( コシミックス ) ワックス講習会
春ワックスにはやはり現場で塗る”SPRING MASTER”系ワックスが必須ですが、”origin”などのパラフィン系ワックスが残っていてはワックスの油分と汚れの油分同士が吸着してしまい良くありません。その春用のしっかりとしたベースを作るには、先にリムーバーでハイシーズン用のワックスをしっかりと落としてから、揮発性が高い”Serum”↓と”Toner”↓でベースを作り、油分が入っていない”Hanagoromo”↓をトップワックスで入れるのがオススメです。
これは、ハイシーズンワックスが油分で水分を弾いて板を滑らせるのに対し、kossymixの春用ワックスは汚れを吸着させずに汚れごとワックスをそぎ落としていくという構造だからです。
KOSSYMIX ( コシミックス ) ワックス講習会
JAU店頭でもKOSSYMIXワックスだいぶ揃ってきました。
KOSSYMIX ( コシミックス ) ワックス講習会
もちろん、kossymixはkashiwaxとの相性は最高です。合わせて使っていただくのもアリだと思います。
もし何か分からないことがあればお気軽にお問い合わせ下さい。
https://jau.shop-pro.jp/?mode=srh&keyword=KOSSYMIX