SALOMON BINDINGS ( サロモン バインディング ) 19-20 SHADOW FIT 試乗比較

2019年4月18日

話題のSALOMON の SHADOW FITのバインディング。
ヒールカップがゴムのようにグニャグニャで、足首が自由に動いてくれる、このシステムがサロモンのSHADOW FITシステム。

友人やプロライダーなどあらゆる方面からとても調子良いとの声を聞き、ある方に繋いでいただいたこともあって、サロモンの19-20モデル3型をお借りして、実際に試乗させていただきました。
SALOMON BINDHINGS ( サロモン バインディング ) 19-20 SHADOW FIT HIGHLANDER HOLOGRAM DISTRICT

まずは上位機種のHIGHLANDER↓
このHIGHLANDERは足首の自由はほどほどに、ハイバックにもある程度の硬さを持たせてあるので荒れたところでも楽〜に安定した乗り心地。BURTONのGENESIS TTに近いようにも感じました。程よい自由さと、スピードを出した時に楽に乗りたい方にオススメです。
SALOMON BINDHINGS ( サロモン バインディング ) 19-20 SHADOW FIT HIGHLANDER HOLOGRAM DISTRICT
そしてこちら↓は真ん中の硬さのHOLOGRAM。
このHOLOGRAMは乗った時の足首の自由が本当に気持ち良く、壁に登った瞬間にいきなり自由が効いてレイバックがとても簡単、SHADOW FITの特徴も十分にありながらの、安定感ともにバランスの取れたバインディング。
SALOMON BINDHINGS ( サロモン バインディング ) 19-20 SHADOW FIT HIGHLANDER HOLOGRAM DISTRICT
そして、一番柔らかいDISTRICT↓
このDISTRICTがこれぞTHE SHADOW FITという感じ。試乗した中では頼りないという声もありましたが、個人的にはこれが一番面白かったです。足裏はしっかりと付いた感じはありつつも、バインディングのサイド部分からハイバック、ストラップまでもが、何もないのではと錯覚するほど。
壁での自由度は最高、ライディング中に板を送り出したりする動作が早く、今までのスノーボードとはまるで別物。サーファーの方や、GENTEMSTICKの板に長年乗っている人、雪板に乗っている人にはたまらないと思います。が、素早く板を送り出す動作が苦手な人には合わない可能性も。
SALOMON BINDHINGS ( サロモン バインディング ) 19-20 SHADOW FIT HIGHLANDER HOLOGRAM DISTRICT
個人的には反応の良いDISTRICTが面白く一番のオススメですが、もう少し安定感や長距離ライディングも考えるとHOLOGRAMあたりが安パイかもしれません。キッカーやハーフパイプでぶっ飛んだり、高速ライディングで楽をしたいならHIGHLANDERでしょう。もちろんどれもSHADOW FITは味わますがその度合いの違い。
SALOMON BINDHINGS ( サロモン バインディング ) 19-20 SHADOW FIT HIGHLANDER HOLOGRAM DISTRICT
カラーはそれぞれ2色、3色づつあって、デザインもシンプルなのでどんな板にも似合いそうです。
SALOMON BINDHINGS ( サロモン バインディング ) 19-20 SHADOW FIT HIGHLANDER HOLOGRAM DISTRICT
只今、19-20モデルのご予約も開始致しました!
是非ご検討ください〜!
http://jau.shop-pro.jp/?mode=srh&keyword=SALOMON+19-20